人気の脱毛サロン12社を徹底比較!自分にピッタリの脱毛サロン選びなら!
横浜で人気の脱毛サロン12社を徹底比較!自分にピッタリの脱毛サロン選びなら!
脱毛記事

脱毛サロンで脱毛できない人ってこんな人

脱毛サロンにいざ通おうとしても、もしかしたら脱毛できない可能性があります。このように脱毛サロンには脱毛できない人の条件というものがあるんです。

 

では、その条件というのは一体どんな条件なのでしょうか?

脱毛できない人はこんな人

折角これから脱毛サロンに通ってキレイになろうとしているのに、脱毛できなかった。なんてことはそれ程多くはありませんが、そうは言ってもあることにはあります。では、そういった人は具体的にどんな人なのでしょうか?

 

これは「どうにもこうにも脱毛できない場合」と「注意を怠ると脱毛できない場合」の2パターンに分かれてきます。それでは、そういった人というのは一体どんな条件の人なのか実際に見ていくことにしましょう。

 

どうにもこうにも脱毛できない場合
  • 日焼けをしてしまった人
  • 肌トラブルがある人
  • アトピー性皮膚炎、紫外線アレルギーの人
  • 何かしらの薬を常用している人
  • 微熱、持病などの症状が出ている人
  • てんかんの人
  • アルコール中毒の人
  • 糖尿病の人
  • タトゥー、刺青が入っている箇所を脱毛したい人
  • 整形している箇所を脱毛したい人
  • 妊娠中の人(子供を産んで2回生理がきた程度から脱毛OK)
  • 授乳中の人(乳首、ワキ、胸以外の箇所は脱毛OK)
  • 生理がまだ来ていない未成年

 

注意を怠ると脱毛できない場合
  • 飲酒してから時間が経っていない人(目安は12時間ぐらい)
  • 脱毛する日の前後10日に予防接種がある人
  • 日焼け止め、制汗剤、などを脱毛する当日につけていった人
  • 脱毛の日から1週間以内に岩盤浴、プール、海など刺激がある場所に行く人

 

これでほぼ全てを網羅していますが、「こういった場合ってどうなんだろぅ・・」というように、もし何かしらの不安がある場合は実際カウンセリング時に聞いてみるといいでしょう!

 

ただ、薬を常用していても脱毛OKの場合もあり!

本当は薬を常用しているのであれば脱毛することはできません。できませんが、脱毛サロン側には何ページにも渡る「薬のリスト」というものがあります。これを見ることで常用していても大丈夫な薬を判別することができるんです。

 

だから、もし薬を飲んでいたとしても実際のところは大丈夫という場合があるので、これに関しては脱毛サロン側に聞いてみて下さい。もしくは薬を処方してくれている医師に脱毛しても大丈夫かどうかを確認してみるのも良いでしょう!